訪問買取業者に注意!| 貴金属買取ナビ.net

悪質で怖い訪問買取業者とは?

2013年の2月に、改正特定商取引法が定められたのはご存知でしょうか。これは、悪質な訪問買取をする業者をなくすために定められました。悪質な訪問買取業者や、その訪問買取の例をご紹介します。 訪問買取業者は、突然家に来ることが特徴です。自分で買取の出張依頼をしていないにも関わらず、突然買取の話をしてくるのです。もし不要な貴金属があれば売って欲しい…というのです。何かを買って欲しいという頼みであれば危険だと感じて断る人も多いのですが、売って欲しいといわれると、悪質な業者には見えないのです。 そして眠っていた貴金属を業者に見せてしまい、そこで査定が行われます。といってもその査定は適当なもので、かなりの安い金額で提示されるのです。主に高齢者を対象にするために、言いくるめられてしまって売ってしまう人が増えました。確かに損をするわけじゃないので信用しやすいですが、かなり安く買い取られてしまうので実際は損をしています。 まとめて売ればもっと高く買取しますなどといって1つずつの金額を不明確にするなど、手口が悪質なのです。後で気づいて返してほしいといっても、既に溶かしてしまったとか、売ってしまったといって返してもらえないことが多いです。これを防ぐために、改正特定商取引法は定められました。 怖い訪問買取業者ですが、現在は少なくなっていますし、こちらで紹介している業者は依頼があって初めて出張買取に伺いますので、安心して利用ができます。