金の買取相場について | 貴金属買取ナビ.net

金の買取価格と含まれている割合

貴金属と呼ばれるものの中で、一番メジャーで考えられているものは金だと思います。金の買取価格というのは、多くの人がご存知のように、日々価格が変動する仕組みになっています。重量単位で価格が決められているので、金の買取価格を知りたいのであれば、まず自分で調べてみてもいいと思います。下調べをした上で買取業者に持ち込み査定を依頼すると、もし明らかにおかしい買取価格であれば自分で気付くこともできるのでオススメです。 しかし、知っておいて欲しいのは、世の中で日々変動する買取価格と、自分の持っている貴金属の買取価格は同じではないということ。あくまで、世の中で知られている金の価格というのは金そのものの価格であり、貴金属として販売されているものを自分でグラムを計って知ることは難しいでしょう。 よく、18金とか24金などと聞くと思いますが、これは金が含まれている割合を指しています。例えば、24金であれば99.99%以上が金である必要があります。金を24分率で表記しているのです。その他18金というものもあり、18金は75%が金で出来ています。24金よりも強度の面では強くなるため、貴金属としては18金のものが多いといわれています。 それ以降になるとどんどんと金の割合が減っていき、その分他の金属を入れ込んで作られているため、査定を依頼したときにはその貴金属に含まれている金の割合での査定となることを、知っておいて下さい。